このエントリーをはてなブックマークに追加

) 青色申告特別控除

 

不動産所得又は事業所得者で、
一般的には複式簿記により記帳し、
貸借対照表。損益計算書を確定申告書に添付
確定申告期限内に提出している場合
最高65万円を控除

また、それ以外は最高10万円を控除

 

(2) 青色事業専従者給与

 

青色申告者と同一生計親族のうち
、年齢が15歳以上で、
その事業に専ら従事している人に
支払った給与は、

届出金額の範囲内で
適正な金額であれば、
必要経費として認める

なお、青色事業専従者は、
控除対象配偶者や扶養親族になれない

 

(3)貸倒引当金

 

対象:事業所得を生ずべき事業を営む青色申告者
は所定額を必要経費にできる

 

(4) 純損失の繰越しと繰戻し

 

推計課税されない

その他