このエントリーをはてなブックマークに追加
 法人に対して、

譲渡所得の基因となる資産の

譲渡の時における時価の2分の1に満たない金額で移転があった場合には、時価によりその資産の譲渡があったものとみなされる
 譲り受けた法人は、

譲受価額と時価との差額について

受贈益として益金の額に算入


 また、財産を譲り受けた法人が同族会社で、受贈益により株式の価額が増加した場合には、その増加した部分は株主等に対し贈与税の課税


 同族会社に対しては対価の額がその資産の時価の2分の1以上であっても、課税上弊害がある場合 同族会社の行為計算否認規定により時価により譲渡所得税が計算される


]]>